旅拝

過去の旅の記録です。

おまけ

おまけ(その11)不思議な縁の話

※西蔵編(40)台北~基隆~石垣島~宮古島~那覇のおまけ記事 上記の記事を書くにあたり田中綱常氏について調べたところ、エルトゥールル号遭難事件に辿り着いた。 この時、私がかつて紀伊大島に行ったことがあることを思い出した。 旅をした当時は旅日記を付…

おまけ(その10) The Rivers of the Mandala

※西蔵編(38)カトマンドゥ~香港~台北のおまけ記事 後年香港を再訪した際、書店で興味深い本を見つけたので紹介したい。 その本の名前は、“ The Rivers of the Mandala ” (著者: Simon Allix , Benoit de Vilmorin )(出版社: Thames & Hudson )だ。 英語で…

おまけ(その9)経験について

※西蔵編(36)カトマンドゥ(後編)のおまけ記事 年齢を重ねるにつれ、新しいことにチャレンジする意欲が薄れつつある(ロボットのように同じような毎日を繰り返している)。未知の世界に飛び込むことに不安を感じているのかもしれない。 前回の記事で登場した岩崎…

おまけ(その8)不思議な夢の話(2)

※西蔵編(29)カイラス山(後編)のおまけ記事 カイラス山巡礼3日目の未明(夜中の2時過ぎ位だったと思われる)、ズトゥル・プク・ゴンパ近くの宿(ツトゥプ・ゲストハウス)にて奇妙な夢を見ており、その内容を旅日記に記録している。(1) 友人達が登場した夢を見て…

おまけ(その7)WPPD

※西蔵編(28)カイラス山(前編)のおまけ記事 旅日記を読み返すと、WPPD( World Peace & Prayer Day )(せかいへいわといのりの日)について何度か書き綴っている(イベントに参加した旅人とチベットで出会って会話した記録など)。 このイベントが日本(富士山の麓)…

おまけ(その6)本の話

※西蔵編(21)ラサ郊外(その5)サムイェ寺(後編)のおまけ記事 サムイェ寺で会った日本人旅行者に1冊の本を借りた(後に再会し返却済)。 その本のタイトルは、『プレアデス銀河の夜明け』(バーバラ・ハンド・クロウ著、高橋裕子訳、太陽出版刊)だ。※太陽出版のHP…

おまけ(その5)メメント・モリ

※西蔵編(19)ラサ郊外(その3)ディグンティ寺(後編)のおまけ記事 鳥葬を見学した日の旅日記を読み返したところ、以下の記録が残っていた。(1)睡眠中に藤原新也さん(作家・写真家)の面接を受ける夢を見た旨を記している(夢の詳細は不明)(2)この日は私の祖父の命…

おまけ(その4)同調の話

※西蔵編(16)ラサ(その9)ラサの思い出のおまけ記事 以前に旅のブログを書いたことがあり、その時気付いたことがある。 過去の自分には同調しやすいのだ。 ブログを書く為に旅日記を読み返すことにより、過去の自分に意識を向ける。 体調が悪い時の状況を思い…

おまけ(その3)UFOの話

※西蔵編(12)ラサ(その5)セラ寺(中編)のおまけ記事 初めてセラ寺(セラ・ゴンパ)(色拉寺)( Sera Monastery )に参拝し、セラ寺の高僧に出会った後、宿に戻って屋上に干した洗濯物を取り込んでいた時のこと(正確な時刻を覚えていないが、15時前後(14時~16時の間…

おまけ(その2)不思議な目の話

※西蔵編(8)ラサ(その1)ラサで出会った旅人達のおまけ記事 ラサ(拉薩( Lhasa ))で出会った旅人との初対面での出来事について。 日本から来た旅行者の中で、チベット仏教・密教に詳しい方がいた。彼は日本で修行をしていたらしい。 正確な場所は忘れてしまった…

おまけ(その1)不思議な夢の話(1)

※西蔵編(3)廈門~深圳~香港のおまけ記事 還暦越えの旅人と一緒に行動したのは1週間程だが、自分にとって貴重な体験だった。 彼のすごいところは、まず人間観察の鋭さである。 上海でジャズ・バーに行った時のこと。 彼は演奏を聴きながら周囲のお客達の服装…