旅拝

過去の旅の記録です。

おまけ(その8)不思議な夢の話(2)

西蔵編(29)カイラス山(後編)のおまけ記事



 カイラス山巡礼3日目の未明(夜中の2時過ぎ位だったと思われる)、ズトゥル・プク・ゴンパ近くの宿(ツトゥプ・ゲストハウス)にて奇妙な夢を見ており、その内容を旅日記に記録している。

(1) 友人達が登場した夢を見ている(登場人物の名前を記録)。

(2)(宗教詩人)ミラレパの意識に2回程触れた?犬が騒ぐと記録している。

(3)「ニイタマノ イナギノミコト」とは誰?と記録している。



 上記(1)~(3)について追記させて頂く。

 この宿には小さなネズミがいた。そのことに気付いたのは就寝してからだった。
 宿の周囲には荒涼とした大地が広がっており、ネズミにとって食料を手に入れる為には、この宿で探す方が効率が良いのだろう。
 お目当ての食料が見つからないせいか、ネズミが一晩中部屋を走り周っていたおかげで、こちらは熟睡出来なかった。酸素が薄いこともあり浅い眠りを繰り返していた。
 そのような状況下で見た夢だ。



 上記(1)については、普段よく見るような種類の夢だと思う。

 上記(2)については、旅日記を読み返すまで忘れていた。
 目覚めている時であれば、自分がミラレパの意識に触れたなどと書くのはおこがましいと考えるだろう。
 不思議なもので、夢を見ている時は直感的に受け止めている為、ありのまま見たことを書き綴っていることが多い。

 上記(3)については、今でも状況を覚えている。
 ストーリーのある夢を見ていたのではなく、睡眠中に言葉が思い浮かんだという方が正しい。
 夢を見て目が覚めても眠気が勝ってしまう場合があるが、起き上がって記録しないでいると夢の内容を忘れてしまうというケースが多々ある。
 この時は忘れないうちに記録しなければならないと強く感じて記録した。
 ただ、手に取るペンを間違えて青ペンで記録している(通常は黒ペンで記録するのだが、この部分だけ青で書いている為目立っている)。

 「ニイタマノ イナギノミコト」について、以前日本神話に詳しい方に聞いたことがある。
 その方の見解では、新魂のイザナギノミコト(伊邪那岐命)のことを意味するのではないかとのことだった。
 青き神シヴァ神に関連があるのかもしれないと思ったが、それ以上の考察は今のところ無い。



 (追記)

 旅日記を読み返していて気付いた、アリ(阿里)((ン)ガリ)の街で見た夢についても書き記しておきたい。

 それは私の父が亡くなる夢で、その病状を書き記している。
 人が亡くなる夢を見ることはあるが、不思議なのはこの夢を見たちょうど5年後に父が亡くなったことだ(病状も当たっている)。
 当時父には病気の症状も出ておらず、元気だったことを考えると、予知夢的なものかもしれないと思った。
 当時の私は、情報を受け取る感度が良かったのかもしれない。



 夢日記を十年以上書き綴っているが、たまに予知夢的な夢を見ることがある。
 ほとんど読み返していない為、自分が気付いている以上に予知夢的な夢を見ている可能性もある。

 最近思うのは、見ている夢の中に幽界の情報が含まれていることがあるかもしれないということだ。
 幽界についてネットで調べると死後の世界と書かれているが、ここで言う幽界とは泡のように無数に現れては消える確定前の宇宙(これもパラレルワールド(並行宇宙)の一つかもしれない)のことで、そこには現実世界に起こる因子(実現の可能性)が存在する。

以前にも書いたが、夢については様々な種類があり、一括(くく)りに出来ないと思っている。





※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


哲学・思想ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

西蔵編(29)カイラス山(後編)

 カイラス山巡礼2日目の朝、ディラ・プク・ゴンパで目覚めた時には隣で寝ていた僧侶達は既にいなかった。朝の勤行に行ったと思われる。

 ここに水道は無い為、洗顔は川の水を使うしかない。カイラス山の北側に位置する為、日陰になる時間が長いのだろう。川には一部氷が張っていた。冷たい水で顔を洗うと身が引き締まる思いがした。

f:id:pilgrimager:20201123085326j:plain

 朝食(持参したカップゼリー)を食べた後、寺院(ゴンパ)を出発。
 しばらく歩いていくと、上り坂の傾斜がきつくなってきた。
 酸素が薄く息苦しかったが、「ゆっくりでもいいから決して休まずに歩くこと」という登山経験者の助言を思い出し、歩き続けた。
 腰を下ろして休んでしまうと立ち上がって歩く気力が無くなる為、この時ばかりは飲み食いする時も歩き続けた。

 ようやく、コルラ(巡礼)の最高地点ドルマ・ラに到達した(標高5630m)。
 そこには、巡礼者達が残していったおびただしい量のタルチョ(祈りの旗)がはためいていた。

f:id:pilgrimager:20201123085436j:plain

 ドルマ・ラを越えて気が楽になったのか、それとも水・食料を消費して荷物が軽くなったからか、ここから足取りが軽くなったが急ぐ必要もないので、2日目はズトゥル・プク・ゴンパ近くの宿(ツトゥプ・ゲストハウス)に宿泊した(ここで不思議な夢を見ている⇒記事はこちら)。



 3日目、まず最初にズトゥル・プク・ゴンパに参拝している。

f:id:pilgrimager:20201123085858j:plain

 ズトゥル・プク・ゴンパは宗教詩人ミラレパ(1052~1135)が開いたお寺で、ミラレパが瞑想したとされる洞窟がある。
 ここでミラレパは、ボン教徒のナロ・ボンチュンと神通力勝負で、カン・リンポチェ(雪の尊者)(カイラス山のチベット語名)の覇権争いをしたという伝説が残っている。

 (1回戦)
 力比べ:洞窟を作って競い合う

 ミラレパとボンチュンが巨大な岩を素手で割った。
 その岩を洞窟の壁にしようとしたボンチュンに対し、ミラレパは岩を洞窟の天井にするべく宙に浮かべた。
 それを見たボンチュンは圧倒されて何もできずにミラレパの勝ち。

 ここズトゥル・プク・ゴンパにある洞窟はこの時作られたものだそうだ。

 (2回戦)
 競争:どちらが先にカイラス山頂に着けるか競い合う

 夜明け前、ボンチュンは太鼓の音に乗って飛び立った。
 一方ミラレパは、呑気(のんき)に麓で待ち、日の出と共に射した日の光に乗って、一瞬でカイラスの頂上に到着(またもやミラレパの勝ち)。

 以来、ボン教徒はカイラス山をチベット仏教徒に譲ってしまったという。
 ちょっとボン教徒にはかわいそうな話だ。

f:id:pilgrimager:20201123085919j:plain

 その後は、ゴールのタルチェン(大金)が近づき達成感があったのか、足取りがどんどん軽やかになっていった。
 コルラ(巡礼)をやり遂げたという驕(おご)りが生まれつつあったその時、頭を「ガツン」と殴られたような衝撃を受けた。

f:id:pilgrimager:20201123090003j:plain

 なんと、目の前に五体投地をしながらコルラしている巡礼者がいたのだ。達成感に浸っている自分がとても小さく思えた。

 思わず駆け寄り持っていたチョコレートを渡すと、彼はちゃんと食べてくれた。嬉しくなっていろいろ食べ物を勧めたが、彼はそれ以上受け取らなかった。
 五体投地をする写真を撮っていいかと聞くと、快く承諾してくれた。

f:id:pilgrimager:20201123090204j:plain

f:id:pilgrimager:20201123090220j:plain

 この時、感動で胸がいっぱいになっていた。



 聞くところによると、何百kmもある遠方より五体投地をしながらカイラスにやって来る巡礼者もいるらしい。

五体投地には1周、3周、7周、21周のランクがあるそうだ(カイラス1周に約2週間かかる)。

 (写真の背後に見える山はナムナニ峰)

f:id:pilgrimager:20201123090521j:plain

f:id:pilgrimager:20201123090534j:plain

f:id:pilgrimager:20201123090546j:plain

 彼らは何も生産的なことはしていない。巡礼してもお金にはならないのだ。
 しかしそれでいて、こうも感動を覚えるのは何故だろう。



 後年四国遍路をしている時、「何故お遍路をしているのか」とよく聞かれたが、その一番の理由はこのカイラス巡礼の体験だと思う。
 
 神々しい神の山と、ひたむきな巡礼者の姿。その風景の中に自分も含まれる瞬間があったということが、その後の人生に大きな力を与えてくれている。
 あの、何物にも変えがたい体験を再び味わいたくて、自分は四国の地を歩いたのだ。

 この光景は一生忘れることのない魂の記憶、そして、立ち上がる力の源となっている。

f:id:pilgrimager:20201123090649j:plain



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

おまけ(その7)WPPD

西蔵編(28)カイラス山(前編)のおまけ記事



 旅日記を読み返すと、WPPD( World Peace & Prayer Day )(せかいへいわといのりの日)について何度か書き綴っている(イベントに参加した旅人とチベットで出会って会話した記録など)。

 このイベントが日本(富士山の麓)で開催されたのは、2004年の夏至の日前後(6月19日~22日(最終日は後片付け・清掃))だった。このイベントの約1週間後にチベットに向けて出発している。
 旅行代理店がこのイベントの為のツアー(2泊3日(6月19日~21日))を企画していたが、ツアーに参加するか正直迷った。6月後半にチベットに向けて出発する計画を立てていた自分にとって、チベット旅行の予算を削ることになるからだ。
 しかし、このイベントの持つ意味は大きいと考え参加を決めた(参加して良かったと思う)。



 当時購入した本『ホワイト・バッファローの教え』(アーボル・ルッキグホース著、WPPD 2004 JAPAN 事務局発行、スタジオ・リーフ発売)を読み返してみた。

※チーフ・アーボル・ルッキングホース:聖なるホワイト・バッファロー・カーフ・パイプの19代目の守り人

f:id:pilgrimager:20201121180629j:plain

※スタジオ・リーフのHPはこちら

 WPPDのイベント開催の背景には、スー族(ラコタ族、ダコタ族、ナコタ族)に伝わる伝説【ホワイト・バッファローの教え】がある。



 (以下、上記書籍より一部引用)

 《プテサン・ウィンヤン(ホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン)の話》

 (P21)

 今から19世代前、私たちが今日プテサン・ウィンヤン(ホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン)と呼ぶ、美しいスピリットが聖なるチャヌパを我々の民に授けてくれました。彼女は聖なる7つの儀式と、母なる大地の上を聖なる方法で導くよう、教えてくれました。彼女は言いました。「パイプを見ることができるのは良い人間だけです。悪い人間は見ることも触ることもなりません。」

※チャヌパ:(聖なる)パイプ

 (中略)

 (P23)

 彼女は諭(さと)しました。

 「儀式には良い心で向かいなさい。聖地を敬い、聖なる儀式を敬いなさい。一つひとつの聖地が偉大なる聖霊のための祭壇です。できるだけ多くそこで集い、祈り、私が教えた歌を歌いなさい。そうしているうちに、この聖なる包みに含まれている7つの儀式について、理解も深まってゆくことでしょう。」

 彼女は時計回りに回って、太陽が沈む方向に帰って行きました。丘の上で彼女は1度立ち止まって、振り返り、1回転して、1頭の美しく若い黒色のバッファローに姿を変えました。もう1回転すると、美しく若い赤色のバッファローに変わりました。3度目に回転すると美しい黄色のバッファローに変身し、4度目に回転して美しく若い白色のバッファローに変身しました。そして彼女は丘を越え、姿を消しました。

 これが、彼女がプテサン・ウィンヤン-ホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン-と呼ばれるようになったいわれです。このようにして、私たちは儀式でこの黒、赤、黄、白の4色を使うようになったわけです。

※4色は、4つの人種を象徴していると考えられている((例)赤:アボリジニ)。

 (中略)

 (P29)

 プテサン・ウィンヤンは、民のもとを去る前に言いました。

 「私は生命の象徴であるこの聖なるチャヌパをあなた方に授けました。あなたたちは今からこの儀式と歌と共に、すべての生命とつながり平和、調和、幸せのなかに暮らします。
 また、自分自身の聖なるチャヌパを作り、自分の包みを作ると良いでしょう。あなた方のチャヌパがそれぞれ良い形で作られ使われたなら、それはこの原初のチャヌパ、パイプの中のパイプとつながります。」

 彼女はまた、彼女のスピリットは、いつの日か、私たちが大きな困難に直面した時に帰ってくること、そして我々にそれが分かる形で帰ってくると告げました。

 (以上、引用部分)



 1994年に部族の伝説に伝えられる白いバッファローが生まれた。彼らはこれを人類への警告と救済のしるしと捉(とら)え、WPPDを開催することを決定。

※WPPD:毎年6月21日の夏至の日に、各地の聖地で民族や宗教を越えてともに心を一つにして祈ることで、世界の平和を実現しようというイベント

 WPPDは、1996年に米国ワイオミング州の聖地グレイホーン・ビュート(白人はデビルズ・タワーと呼ぶ巨岩)で初めて開催され、その後毎年北中米の聖地で開催された。
 その後、2001年より母なる地球の4色の民を象徴する4大陸を巡っている。

 2001年:アイルランド(白)
 2002年:南アフリカ(黒)
 2003年:オーストラリア(赤)
 2004年:日本(黄)

 2005年にウォピラ(感謝の儀式)を亀の島(アメリカ大陸)で開催(米国サウスダコタ州の聖地ブラックヒルにて開催)。
 2006年以降の開催地は、英語版HPを参照願いたい。

※現在WPPD日本語版のHPは削除されており、英語版のHPのみ閲覧可能(HPはこちら)



 2004年のイベント会場は、富士山麓(朝霧高原)だった。

 会場では、先住民の文化に触れることの出来るイベントが多数行われていた。

 私は2日目に【せかいへいわといのりのウォーク】に参加している。
 富士山本宮浅間大社を出発し、山宮浅間神社人穴(富士講遺跡)を経由して朝霧高原まで20kmを超える道のりだった(白糸の滝は時間が足りずカット)。
 イベントのボランティアスタッフ達が、(相当な覚悟を持って)断食をしてこのウォーキングに臨んでいたのを覚えている。

 イベント3日目の夏至の日(6月21日)は大雨だった(全身びしょ濡れになった)。
 それでも参加者達が手をつないで大きな輪をつくり、母なる地球に感謝し、平和への祈りを捧げてセレモニーは無事終了した。

 私は3日目のイベント終了後帰宅したが、4日目の後片付け・清掃の際、会場に美しいがかかったということで、確か日本語版のHPに虹の写真がUPされていたと思う。



 今回、記事をUPするにあたり、『ホワイト・バッファローの教え』を読み返し、久しぶりに【七世代先の子供たちのために】という考え方に触れた。
 コロナ流行後、自分の身にいつ何があってもいいように断捨離を行ったが、それでも自分はまだ生き続けるだろうと安易な考え方をしており、いつか肉体の死を迎え魂だけの状態に還るということに対して、覚悟が足りないと感じた。
 それはイコールこの地球を次世代の子孫達へ残すという意識が足りないということにつながっている。
 全ては母なる地球からの借り物なのだということに今回改めて気付かされた。



 (追記)

 今回の記事を書くにあたり、久しぶりに昔よく聞いた曲( Sacred Spirit" Yeha Noha ")をBGMとしてYOUTUBEで再生した。
 1990年代後半にこの曲が流行った際、聞きながらイメージとしてよく浮かぶ光景があった。
 それはネイティブ・アメリカンの男性が丘の上にあぐらをかきながら座り、遠くを見つめているというものだ。
 この動画の登場人物は女性だが、私がイメージした光景に近いシーンがある(幾つもの動画がUPされているが、上記の理由でこの動画を紹介させて頂く)。

※" Yeha Noha "の動画はこちら

 今手元には無いが、久しぶりにセージを焚きたくなった。





※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


哲学・思想ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

西蔵編(28)カイラス山(前編)

 タルチェン(大金)到着翌日、カイラス山巡礼に出発した。

 この巡礼では、(苦しい時などネガティブな感情が湧き上がって来るのはある意味仕方ないことだが、)なるべくマイナスなことを考えずに平和への祈りを納めようと心がけていた。

 日本を発つ前に参加したWPPD( World Peace & Prayer Day )(せかいへいわといのりの日)というイベントで【せかいへいわといのりのウォーク】に参加したのだが、ここでの体験が基(もと)にあったのだろう。このイベントのTシャツを着てコルラ(巡礼)した。

※WPPDのおまけ記事はこちら

f:id:pilgrimager:20201120053734j:plain

 2泊3日の予定で水と食料を携帯していた為、荷物はかなりの重量だった。
 1日で1周する巡礼者もいるらしいが、私が出会ったチベタン(チベット人)は野宿しながら周っていた。

 ラサ(拉薩)で2本購入しておいたトレッキングステッキが非常に役立った(チベタンの巡礼者に貸してくれとよくねだられた)。

f:id:pilgrimager:20201120054608j:plain

 しばらく歩くと、タルボチェ(タルチョ(祈りの旗)で飾られた高さ13mの柱)に辿り着いた。
 チベット暦4月の満月の日には、ここで【サカダワ祭】(釈迦の生誕・悟り・入滅を祝う)が行われるそうだ。
 その際、柱を倒してタルチョを付け替えるらしく、再び柱を立てた時の立ち方で吉凶を占うらしい(真っ直ぐに立てば吉、傾くと縁起が悪い)。

※タルチョの五つの色は物質の五元素【地・水・火・風・空】を表している。

f:id:pilgrimager:20201120055041j:plain

 重い荷物を運びながら高地を歩かねばならず、初日はかなりきつかったが、カン・リンポチェ(雪の尊者)(カイラス山のチベット語名)を見ると力が湧いてきた。

f:id:pilgrimager:20201120055233j:plain

 (写真は、古いチョルテン(仏塔、卒塔婆ストゥーパ))

f:id:pilgrimager:20201120055407j:plain

 雪解け水が流れる川もあった(杖で測ったところ深さは60cm位だった)。
 歩く距離を少なくする為に向こう岸に渡ることも考えたが、あまりにも急流で水温が低かった為断念した。

f:id:pilgrimager:20201120060216j:plain

 興味深い地層が見れたりもした(縦方向の地層、下記参照)。
 インド亜大陸側から圧迫されることによってヒマラヤ山脈が形成されたそうだが、ここチベットは世界でも地震が多い地域として有名だ。

f:id:pilgrimager:20201120061002j:plain

 チベット仏教徒は時計回り(右回り)、ボン教徒は逆回り(左回り)で周ると聞いていたが、インドからの巡礼者達も逆回りでコルラしていた。

 (写真は、インドからの巡礼者達の荷物を運ぶヤクの集団)

f:id:pilgrimager:20201120061055j:plain

 (写真は、チベタンの巡礼者達)

f:id:pilgrimager:20201120061125j:plain

 1日目は、カイラス山北側ディラ・プク・ゴンパ(13世紀に創建された、ドゥクパ・カギュ派の僧院)で宿泊した。

f:id:pilgrimager:20201120062916j:plain

 ここにも修行している僧侶達がいたのには驚いた。標高5000mを超える高地の為、夏でも朝に氷が張る厳寒の地だ。

カギュ派チベット仏教の主要な四大宗派の一つ(他は、ゲルク派ニンマ派サキャ派)で、宗教実践を重視し在家密教を主眼としている。
 宗祖とされているのはナローパ(?~1040)、ナローパの弟子ティローパ(988~1069)とマルパ(1012~1097)、マルパの弟子ミラレパ(1052~1135)で、ミラレパの弟子ガムポパ(タクポ・ラジェ)(1079~1153)によって大成された。
 密教への傾斜が強いカギュ派には様々な分派があるが、宗教詩人ミラレパがカギュ派全体のシンボルとなっている。
 このうち、カルマ・カギュ派転生活仏制度(転生ラマ)を創始しており、これは後にゲルク派(チベット仏教最大勢力)やその他の宗派にも採り入れられることとなった。
 また、カギュ派ニンマ派サキャ派と共に紅帽派・古派と呼ばれている(ゲルク派黄帽派・新派・改革派と称される)。

※ドゥクパ・カギュ派は、チベット仏教カギュ派の支派の一つで、リンレーパ(1128~1188)の弟子のツァンパ・ギャレーパ(1161~1211)によって12世紀に開かれた。

 (写真は、ディラ・プク・ゴンパから見たカイラス山)

f:id:pilgrimager:20201120062939j:plain



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

西蔵編(27)アリ~タルチェン

 アリ(阿里)((ン)ガリ)からタルチェン(大金)(カイラス麓の村)までのバスは2日後まで無かった。結果的に、ラサ(拉薩)からの移動の疲れを取ることが出来たと思う。

 この街で最優先に行うべきこと、それは入境許可証(チベット辺境入境許可証)を取得することだった。
 公安局外事処に出頭し、罰金300元と許可証代50元を払って許可証をもらった。
 許可証に行き先を書いてもらうのだが、担当者がカイラス山を【神山】と書いた時には鳥肌が立った(残念ながらこの許可証は、パスポートに挟んでおいたところ中国出国時に取り上げられてしまった)。

 この街は中国の軍事拠点用に作られた街である為、特に観光名所は無かった。
 街を散策しているが、食堂やネットカフェ位しか立ち寄っていない。



 アリに2泊した後、タルチェンに向かった。
 正午に出発してタルチェンに着いたのは20時半だった為、8時間半かかっている。



 カイラス山は、チベット語カン・リンポチェ(雪の尊者)といい、釈迦牟尼の化身とされている。また、チベット仏教においては須弥山(しゅみせん)と同一視されている。
 古名はカン・ティセ(魂の棲(す)む山)、中国語名は崗仁波斉峰(ガンレンボーチーフォン)、ヒンディー語名はカイラーシャー・パルヴァタ(カイラーシャーはサンスクリット語水晶または(くさび)の座の意)。

 標高は6656mで、宗教詩人ミラレパ(1052~1135)以外山頂に到達したものはいないとされている。
 また、ヒンドゥー教ジャイナ教ボン教、そして仏教(チベット仏教)の最高の聖地で、遠方からの巡礼者が後を絶たない(現地でインドからの巡礼者の集団を見かけた(幌(ほろ)付きトラックで来訪)。

ヒンドゥー教では、カイラス山はリンガ(シヴァ神を表す円柱形の像及び男性器を形どった像)の形をしていると見なされ、シヴァ神の住居及び世界の中心であると考えられている。

 ここから南へ30kmにあるマパム・ユムツォ(マナサロワール湖、チベットの三大聖湖の一つ)神聖な一対(ヤプユム)として崇(あが)められている。
 チベットでは、一対の山湖を父母神として崇める信仰があり、ここではカン・リンポチェを父神、マパム・ユムツォを母神と神格化している。

チベットの三大聖湖:ナムツォヤムドク・ユムツォ(ヤムドク湖)、マパム・ユムツォで、ユムツォとは、トルコ石の湖」の意。

※マパム・ユムツォはカイラス山からの雪解け水が流れ着き、ユーラシア大陸をその支流に置く四大河(インダス川サトレジ川ガンジス川・ヤルツォンポ川)の源流となっている。
 ここにはマハトマ・ガンディー(ガンジー)(1869~1948)の遺灰も一部流されている。



 この近郊には、他にもグゲ遺跡(グゲ王国(842~1630)の遺跡)等の見所が幾つかあるが、僻地(へき)にある為、行くのを諦めた(当時、ツアー参加又はヒッチハイクでしか行くことが出来なかった)。

 西チベットには、カイラス山巡礼の為だけに行ったことになるが、それでも貴重な経験が出来て良かったと思う。

 (写真は、タルチェンの村から見たカイラス山(中央の白い部分が山頂(南側)))

f:id:pilgrimager:20201119221908j:plain



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

西蔵編(26)ラサ~アリ

 ラサ(拉薩)に到着後、約1ヶ月かけてラサ市内、ラサ近郊を訪問・参拝した。
 毎日楽しく過ごしていたが、そろそろこの後どうするか決めなくてはならない。
 選択肢が多数ある中、カイラスを巡礼することに決めた。理由は幾つかある。

(理由1)

 この年より闇バスを利用してアリ(阿里)(ガリ、ンガリ)(カイラス近郊の街)まで行くことが可能になった(現在の状況は不明)。

 アリに入る為には入境許可証(チベット辺境入境許可証)が必要になる為、ツアーを組んでランクル(ランドクルーザー)をチャーターするというのが正規の方法。
 費用を抑えたい旅人はヒッチハイクで行くというのが一般的だったが、運に任せることになる。
 中にはヤクを購入(1頭1000~2000元)し荷物を持たせて、ラサから徒歩で行くことを検討している旅人もいた。

(理由2)

 ディグンティ寺(ディグンティ・ゴンパ)(直貢替寺)( Drigung Monasteryy )(ディグン・カギュ派の総本山)鳥葬見学と同様、カイラス巡礼も当初の目的ではなかったが、経験者の話には強い影響力があった(心を動かされた)。

※ディグン・カギュ派は、チベット仏教の主要な四大宗派(他は、ゲルク派ニンマ派サキャ派)カギュ派の支派の一つ。



 ラサを発つ日、TASHI TRAGAY HOTEL (旅行者はタシホテルと呼んでいた)(現在は閉館?)の従業員達にお礼の品(街のケーキ屋で購入した焼菓子)を配ったところ、私の予想外の行動に彼らは少し感激していた。

 最後の晩餐を済ませた後、旅仲間がバスターミナルまで見送りに来てくれた。

 ところがここで雲行きが怪しくなる。
 アリまでの道に土砂崩れが発生した為、バスの出発が延期になるとのこと。しかもバス会社が変わるということだった。
 私がバスチケットを購入したのは私営のバス会社だったが、これからは国営のバス会社がアリ行きの闇バス業務を行うとのこと。私営バス会社スタッフの苦々しい表情を見て、そこにのび太ジャイアンのような関係が存在することを知った。闇バス料金は正規料金よりも高くなる為、差額分が彼らの懐に入るのだろう。
 国営バス会社のスタッフにそれはずるいと一言言おうかと思ったが止めた。いずれにせよ正規のルートではなく不法入境なのだ。

 私営バス会社でチケットを払い戻した後、国営バス会社でチケットを購入。バスは3日後に出発するとのこと。結果的に私が国営バスでアリに行く外国人旅行者第一号となった。



 宿に戻ると、従業員達がどうした?という不思議そうな顔をしてこちらを見ていた。先程ちょっとした感動シーンがあっただけに気まずかったが、事情を説明したところ笑いが生まれた。



 3日後(再出発の日)、宿の従業員達と別れを告げる際、従業員の子供が餞別の品をくれた(想定外の出来事に感動した)。父親と相談したようだ。
 それはチベットの鞄だった。形状はエコバッグ・トートバッグに近く、キラキラとしたデコレーションモールが付いていた(恐らく実用的なものではなく、祭事等で象徴的に使用する鞄ではないかと思われる)。

 この少年は宿に長居している私に懐いており、小学校の授業が終わると私の部屋に来て宿題に取り組むようになっていた。
 どうやら算数の文章問題が苦手で、私に教えて欲しいらしいのだが、私はチベット語が読めない為、何と書いてあるのか分からない。
 単純な数式問題なら分かるので、答えが合っていると褒めてあげた。褒められると嬉しそうにしていた彼の姿が印象に残っている。
 あれから年月が過ぎ、彼も立派な青年になったことだろう(チベットの状況を考えるといろいろ大変だと思われるが、そう祈りたい)。

f:id:pilgrimager:20201118224232j:plain

(ラサ~アリ:1日目)

 旅仲間に見送られながら、19時過ぎにラサを出発(寝台バス)。
 カイラスに行く旅行者は、まずラサからアリに向かう(北回りルートの場合)。

(ラサ~アリ:2日目)

 バスは翌朝シガツェ(日喀則)に着き、ここで朝食休憩。
 ラサ~シガツェ間は道路が舗装されており比較的快適な旅だったが、この後はずっと悪路が続いた。
 揺れがひどく、横になっていないと天井に頭をぶつけてしまう。寝ていても天井にぶつかる程跳ね上がったりした。
 しかも標高が高い為、高山病の症状が出た。高地に慣れていたはずだが、それでも頭が痛くなった(ラサの標高3650mより高いと思われる)。

 その後、ラツェ(拉孜)で昼食。

(ラサ~アリ:3日目)

 日付が変わって夜中の2時に夕食を取っている(滞在地不明)。

 朝食休憩はなく、遅い昼食を14時に取り、夕食休憩は24時だった(滞在地不明)。
 食事の時間がまちまちだったので、携帯食料を持参していて良かったと思う。

 この日の夜、名も無き地でのトイレ休憩の際、宝石箱を開けたかのような美しい星々の輝きを目にした。それは今現在までの人生で目にした一番美しい星空だった。

 「宇宙が手に届くかのようにそこにあった」と旅日記に書いている。

(ラサ~アリ:4日目)

 ツァカ(塩湖のある村)で10時に朝食、16時半にゲギェ(革吉)で昼食、そしてようやくアリの街に到着した(21時着)。
 ラサから74時間かかったバスの旅だった。

 アリは、1957年新蔵公路(カシュガル(喀什)(ウイグル自治区)~ラサ(チベット自治区))開通時に作られた新しい街で、中国の軍事拠点になっている。

 宿(獅泉河飯店)に着き、ラサの宿のレストランで購入したキムチを非常食用にペットボトルに入れていたのを思い出した。
 食べようとしてリュックから取り出したところ、ペットボトルがパンパンに膨れ上がっていた。蓋をひねるとスポーンと蓋が天井にぶつかるまで勢いよく飛んで行った。
 どうやら移動中の振動で発酵が促進され、ガスが発生したようだ(キムチは饐(す)えた臭いがしたのでもったいないが処分した)。

 その後、宿にシャワーが付いていなかったので沐浴(もくよく)所に行き、砂埃まみれの体を洗い流した。
 悪路を走るバスだけあって窓が激しい振動ですぐに開いてしまう為、砂埃を浴び続けた旅だったが、シャワーを浴びて生き返るような心地がした。

 それから中華レストランで食事を取り、宿で深い眠りについた。



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

西蔵編(25)ラサ郊外(その9)トゥールン・デチェン

 ナクチュ( Naqu )(那曲)で見れなかったホース・レース(競馬祭)だが、(思わぬ形で)別の場所で見学することが出来た。
 前述のツルプ寺(ツルプ・ゴンパ)(楚布寺)( Tsurphu Monastery )(カルマ・カギュ黒帽派の総本山)訪問後のことだ。

※カルマ・カギュ派は、チベット仏教の主要な四大宗派(他は、ゲルク派ニンマ派サキャ派)カギュ派の支派の一つ。



※ラサ郊外訪問記の時系列は下記参照

(1)ガンデン寺 ⇒ 記事はこちら
(2)ディクンティ寺 ⇒ 記事はこちら(前編)こちら(後編)
(3)サムイエ寺 ⇒ 記事はこちら(前編)こちら(後編)
(4)ナムツォ ⇒ 記事はこちら
(5)ナクチュ ⇒ 記事はこちら
(6)ツルプ寺 ⇒ 記事はこちら
(7)トゥールン・デチェン(堆龍徳慶)⇒ 今回の記事



 ツルプ寺からバスでラサ(拉薩)に戻る途中、道路の渋滞が発生していた。大勢の人が集まっており何かのイベントが行われているようだ。

※申し訳ないが旅日記に場所をメモしておらず、地名は分からない。今までダムシュン(当雄)だと思っていたが、改めて調べるとラサ西部のトゥールン・デチェン区(堆龍徳慶区)と思われる(ツルプ寺から125郷道を経由し、109国道に合流する辺り)。

 乗客達は皆バスを下車してイベント会場に散っていった(入場料等の支払いは無かった)。

 会場には多くの馬と派手な衣装に身を包んだ騎手達が集っていた。

f:id:pilgrimager:20201116205337j:plain

 どうやらこれからホース・レース(競馬祭)が始まるらしい。ベストタイミングで会場に到着したことになる。

f:id:pilgrimager:20201116205449j:plain

 レースが始まると会場の熱気は最高潮に達した。

f:id:pilgrimager:20201116205710j:plain

 スピードを競うレースもあるそうだが、この時見たレースは、いかにアクロバティックに馬を乗りこなすかで優劣が決まるというものだった。

f:id:pilgrimager:20201116205756j:plain

 その為、かなり危険を伴う乗り方をしている騎手もいた。

f:id:pilgrimager:20201116205922j:plain

 難易度の高い技を見せる騎手には、観客も大きな声援を送っていた。

f:id:pilgrimager:20201116205948j:plain

 観客は間近で見たいのでだんだん前に出てきてしまう。
 前に出すぎると警備担当者に怒られていた。

f:id:pilgrimager:20201116210158j:plain

 運良くホース・レースを見学したのはまさに僥倖(ぎょうこう)とも言うべき出来事だったと思う。

f:id:pilgrimager:20201116210610j:plain

 最後の一枚は、レース後の騎手の写真。
 観客の期待に応え、一仕事終えた達成感を騎手から感じた。

f:id:pilgrimager:20201116211441j:plain



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村