旅拝

過去の旅の記録です。

西蔵編(17)ラサ郊外(その1)ガンデン寺

 今回より、ラサ(拉薩)郊外を訪問した記事をUPしたいと思う。



 ラサに到着してから数日後に、ガンデン寺(ガンデン・ゴンパ)(甘丹寺)( Ganden Monastery )シウタン祭(セタン祭)タンカ(チベット仏画)開帳を見学している。
 シウタン祭は、チベット暦(陰暦)の6月15日に行われる(ショトン祭(雪頓祭)より早い)。

※シウタン(セタン)とは、「シルクの仏画の意。

 ガンデン寺は15世紀にツォンカパ(ジェ・リンポチェ)(1357~1419)によって創建された。
 ゲルク派(黄帽派)六大寺院の総本山、ラサ三大寺院の一つ。

ゲルク派とは、チベット仏教の主要な四大宗派の一つ(他は、ニンマ派カギュ派サキャ派)。15世紀にツォンカパによって開かれた学派で、戒律を重視している。戒律を守っていることを示す黄色い帽子を被っていた為、黄帽派と云われた。17世紀にチベット最大勢力となり、ダライ・ラマパンチェン・ラマもこの学派に属する。
 ちなみに、ガンデン寺の座主「ガンデン・ティパ」はゲルク派の教主を意味し、ダライ・ラマパンチェン・ラマに次ぐチベットNo.3のポストになる。

 ガンデン寺は、ラサ(拉薩)から50km程東に位置し(バスで所要2時間)、ワンブル(旺波日)山の山頂付近(標高4200m)に建てられている。
 最盛期は数千人規模の僧侶が修行に励んでいたが、中国政府の弾圧によりその多くがインドに亡命し、現在の僧侶の数はかつての1/10以下になっている。

f:id:pilgrimager:20201013002707j:plain

 普段は静かな寺院だと思うが、シウタン祭の時には大勢の人達で賑わっていた。

f:id:pilgrimager:20201013002719j:plain

 タンカはセルドゥン・ラカン(ツォンカパ霊塔殿)でお披露目される。
 以下、タンカ開帳の様子を写真で紹介したい。

f:id:pilgrimager:20201013002808j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002819j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002828j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002838j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002847j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002857j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002907j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002917j:plain

f:id:pilgrimager:20201013002928j:plain



※地図





(旅した時期:2004年)

※このブログの応援方法⇒下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村